液体青汁のメリット、デメリット - 飲みやすい青汁おすすめベスト3!調べた結果・・・

飲みやすい青汁おすすめベスト3!調べた結果・・・ > 液体青汁のメリット、デメリット

液体青汁のメリット、デメリット

市販されている青汁は、粉末タイプやフリーズドライタイプ、そして液体タイプがあります。
飲みやすさや続けやすさを考えて、自分に合ったタイプの商品を選ぶことが重要になってきます。
それぞれの商品にメリットとデメリットがありますのでそれを十分理解して比較した上で自分にとってベストなタイプを選ぶようにしましょう。
液体タイプの青汁のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

液体タイプの青汁のメリットは栄養価の高さだと言えます。
粉末やフリーズドライ製法にすることにより、その製造過程で製品の原料となる緑色野菜の栄養価が失われてしまうことがあります。
それなのでせっかく青汁を飲んでも、製品によってはその栄養効果を十分得られないことがあります。
その点ドリンクタイプは製造過程がシンプルですので、原料の持つ栄養価を保ったまま製造することができます。
そのおかげで栄養価の高い青汁を飲むことができるのです。

液体タイプのデメリットは、扱いにくさと味です。
ドリンクタイプの原料としては、ケールが良く使われているのですが、ケールは栄養価が高いものの味に独特の苦みがあり臭いもかなり強くて苦手とする方が多いのです。
その味はえぐみがダイレクトに感じられる液体タイプを毎日飲み続けることを苦痛に感じる方も少なくありません。

飲むまでに手間がかかることもデメリットの一つです。
ドリンクタイプは冷凍保存することが多く、しかも一回分の量に分かれていない製品も多いため飲むときに手間がかかります。
また冷凍保存してあるので他の場所に持ち運ぶのも困難で、それが原因で飲み続けられなくなる方も少なくないのです。